iPhone repair

iPhoneを修理に出す前に行う事

iPhoneを修理に出す前に行う事は、バックアップをする事です。iPhoneを窓口で持ち込むと、バックアップが出来ているか聞かれます。修理をする時には、原則的にiPhoneは初期化されてしまい今までのデータが消えてしまいます。出荷状態のiPhoneのような状態で戻ってくるので、この状態になってからではデータは戻ってこないです。このために、バックアップは必ず必要です。
iPhoneを探すをオフにしておく事で、出来ていないと修理の時にロックがかかり何も出来なくなってしまいます。窓口で慌てないように、やり方を把握しておき窓口に出す前に行っておきます。iPhoneをオフにする方法は、iPhoneの設定からiCloudを押して、iPhoneを探してオフにします。appleのIDが必要になるので、指示に従って入力をしていきます。iPhoneを探すをオフにしますと画面に出たら、大丈夫です。appleIDを忘れてしまった人は、コールセンターに電話をして変更をしてもらう方法があります。バックアップはやり方が2つあり、iCloudを使用する方法とiTunesを使用する方法があります。やりやすい方を選択して、事前に行っておきます。

POST LIST

TOP