iPhone repair

修理の前にチェックすべきこと

買ったばかりのiPhoneが突然動かなくなったり、画面が浮き上がったりといった動作不良が起こる場合があります。こうした時には、修理に出す前にリコール対象になっていないかどうかのチェックをしてみましょう。無料で修理が受けられたり、新品に交換してもらったりすることがあります。
リコール対象は公式ホームページで確認でき、自分の持っているiPhoneがリコール対象かどうかは、Appleの公式ホームページの交換/リペアエクステンションプログラムというページで確認することができます。修理を考えている不具合がリコール対象に該当している場合は、iPhone修理が行える正規店に連絡を取り、リコールの対応ができるか確認を取りましょう。店舗に修理や交換に必要な在庫があれば、無料で修理や交換ができます。
リコール対象でも無償修理にならない場合。ただし、リコール対象の製品でもすべてが無料で修理交換できるわけではありません。画面などの本体に傷やひびが入っている場合などリコールに関係のない故障がある場合には、そちらを先に有料で修理しなければなりません。他にも、非正規店で修理をして改造品と判定された場合もリコールの対象から外れてしまいます。
条件付きではありますが、リコール情報を上手に活用すれば修理代が浮くかもしれません。修理の前に一度チェックしてみては?

POST LIST

TOP